札幌西区琴似 子どもの肘が抜けた時(肘内障) 手がだらんとしている

子供が手を使わなくなった 手がだらんとしている 肘が抜けた(肘内障) 札幌

おはようございます(^^)/

てて整骨院二十四軒店の亀山です。

肘内障とは子どもの肘の脱臼のことですが、実際には橈骨輪状靭帯という靭帯が

手を引っ張るなどの外力が加わることで、正常な位置からずれてしてしまった状態です。

肘内障になると、子どもは手を動かさなくなり整復されるまで泣いていることが多いですが

整骨院では簡単に整復し治すことができます(^^♪

当院はサツドラの中にあり平日夜9時まで診療しておりますので、ご両親が肘内障になった

子どもを連れて慌てて来院されることがよくあります。

来院した際には、まず肘内障以外の疾患と見極めるために超音波観察などで確認したのち

整復しあっという間に子どもは泣き止みます(#^.^#)

てて整骨院 二十四軒店にご相談ください

痛みは治療のプロに任せて安心!

スポーツによる肉離れや捻挫などのケガ
腱鞘炎や関節痛など筋や関節の痛み
ひとりで悩まずお気軽にご相談ください。

【営業時間】平日10時-13時/15時半-21時 土祝10時-15時
【TEL】011-624-6550