椎間板(ついかんばん)ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアの手術を考える前に…

首も腰もヘルニアでお困りの方は沢山いらっしゃるかと思います。

そもそもヘルニアとは背骨の骨と骨の間にある椎間板(ついかんばん)と言うクッション材の中にある

ゼリー状の物体が椎間板から飛び出してしまった状態をヘルニアと言います。

これが首にできると頚椎(けいつい)椎間板ヘルニア、腰にできると腰椎(ようつい)椎間板ヘルニアと呼ばれます。

ヘルニアはMRIで精査することで診断することができますが、ヘルニアがあるだけであれば

痛みやしびれは出ない場合があります。

ヘルニア自体が近くを通っている神経を圧迫したりすると痛みやしびれを引き起こします。

ヘルニアは手術をする場合もありますが、手術が必要になるケースは20%程度で

残りの80%は保存療法(整骨院での治療や整形外科のリハビリなど)で改善できます。

当院ではヘルニアでお困りの方を数多く治療してきました。

牽引治療・電気治療・温熱治療・特殊電気治療・鍼灸治療・矯正治療・筋膜リリース

手技治療・ストレッチ・インソール療法などを組み合わせ早期改善を目指します!!

 

てて整骨院 二十四軒店にご相談ください

痛みは治療のプロに任せて安心!

スポーツによる肉離れや捻挫などのケガ
腱鞘炎や関節痛など筋や関節の痛み
ひとりで悩まずお気軽にご相談ください。

【営業時間】平日10時-13時/15時半-21時 土祝10時-15時
【TEL】011-624-6550